医療現場の実情

医師や薬剤師などとともに医療現場において、欠かせない存在であるのが、看護師です。24時間365日休むことのない現場を支えることが、日常業務といえます。病院の規模などによりますが、救急医療の現場においても、医師とともに活躍をする姿がみられており、患者や患者の家族にとっては、何とも心強い存在といえるでしょう。
今般では、画像処理技術の格段の向上などにより、遠隔医療などの先進的な医療がクローズアップされてきており、つぎつぎと最新機器が現場に持ち込みされてきています。電子カルテの導入などとともに、看護師にも十分な理解が必要になってきており、日々の業務に追われる中での新しいことへの挑戦が行われています。医療現場においては、常により良いものを取り入れていく必要性があるため、医療現場を担う従事者にとっては、柔軟性を持った考え方が要求されます。頑固に過去の常識を並べていても、昨今では、意味をなさないという事態も想定されます。医療現場の日常の業務をこなす看護師においても、人材不足が顕著になってきています。原因としては日本の課題である高齢化社会の進行、現代の若者たちの就職に対する考え方の変化があげられます。とにかく給料が多いということよりも、休日数や残業時間のない仕事を選ぶという傾向が顕著になってきているといいます。時間に追われる医療現場にとっては、何とも皮肉な現状といえるでしょう。今後の動向が注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です